Menu

『東京国際フォーラム公演』
配信START!!

劇団ハイバイ主宰 岩井秀人がプロデュースする、初見の台本読み合わせライブ「いきなり本読み!」。皆川猿時、岸井ゆきの、大東駿介、加藤諒、江口のりこを迎え、岩井秀人が自作のRPG演劇「エンド・オブ・ワールド」を演出した年末の東京国際フォーラムの模様が、満を持して本日4/1(金)より配信開始。視聴券代1,500円(※別途手数料あり)にて、イープラスが運営する「Streaming+」より、4/17(日)まで配信中です。劇場でご覧いただいた方も、未見の方も、この公演でしか観ることが出来ない、一夜限りの、豪華俳優陣の熱演を是非ご覧ください!

【PR動画(約45秒)】

【ダイジェスト映像(約10分)】

<「いきなり本読み!」とは>

「出来上がった作品を見るより、稽古場の方が絶対おもしろい!」そんな岩井秀人の発想から生まれた、“初見の台本読み合わせライブ”。上演する作品は当日まで明かされず、本番のステージ上で、初めて台本を開いた俳優たちが、岩井の進行のもと、さまざまな”役”を演じ、約束された役作りも演出もなく、普段は観客に見せることのない”素”の表情をさらす、まさに裸一貫で台本に挑む俳優の姿を垣間見ることができる公演です。一夜限りのキャスティングのため、この場でしか見ることが出来ない、出演者たちの化学反応も見どころのひとつ。「俳優」「台本」「演出」というそれぞれの役割が絡まりあいながらダイナミックにドラマが⽴ち上がっていく様⼦を、その場で⾒て、感じることができます。

2020年2月にスタートし、同年末には東京国際フォーラム・ホールCに進出、昨年5月から先月まで4回に渡ってWOWOWオリジナル版も放送された、いま要注目のコンテンツです。

過去の大ホール規模での公演実績

2020年12月25日(金)東京国際フォーラム・ホールC

松たか子x神木隆之介x後藤剛範x大倉孝二 「散歩する侵略者」(作:前川知大)

2021年10月02日(土)東京建物 Brillia HALL

水川あさみx荒川良々x池谷のぶえx藤井隆 「来てけつかるべき新世界」(作:上田誠)

2021年12月22日(水)東京国際フォーラム・ホールC

皆川猿時x岸井ゆきのx大東駿介x加藤諒x江口のりこ RPG演劇「エンド・オブ・ワールド」(作:岩井秀人)

<公演概要>

岩井秀人(WARE)プロデュース

「いきなり本読み! in 東京国際フォーラム」

上演台本:RPG演劇「エンド・オブ・ワールド」(作:岩井秀人)
進行・演出:岩井秀人
出演:皆川猿時、岸井ゆきの、大東駿介、加藤諒、江口のりこ

【視聴券代】¥1,500(税込)
 ※別途手数料が発生いたします。

配信期間

4/01(金)12:00~17(日)23:59

 ※視聴券購入時期により、視聴可能期間が変わります。ご注意ください。

視聴券発売期間

①4/01(金)12:00~08(金)23:59

 ⇒視聴期間:
4/01(金)12:00~10(日)23:59

②4/09(土)00:00~17(日)21:00

 ⇒視聴期間:
4/09(土)00:00~17(日)23:59

プレイガイド

TOP